勃起障害は男性にとって非常に深刻な悩み。男のプライドがありますから、性行為の場面で恥をかくなんて考えられませんよね。勃起障害にはあの有名なバイアグラが本当に効くのでしょうか。治療薬について見ていきましょう。

プリアピズムという持続勃起症はすぐに病院へ!

病院

勃起しなくても良い時に勃起してしまうということは、誰でも経験があるでしょう。
朝勃ちもその一つです。
しかし、勃起が長時間続くことはなく、やがておさまります。

プリアピズムは、性的刺激がないのに勃起が4時間以上継続している状態のことで、持続勃起症とも呼ばれています。
新生児から大人まで、全年齢の男性に起こりうる疾患です。
プリアピズム(持続勃起症)には、陰茎海綿体内の血流が悪くて虚血状態になっている静脈性プリアピズム(静脈性持続勃起症)と、陰茎海綿体内の動脈が破れて動脈血が常に流入した状態になっている動脈性プリアピズム(動脈性持続勃起症)があります。

動脈性持続勃起症は痛みを伴わず柔らかい勃起で、緊急性はありません。
多くは打撲が原因です。
静脈性持続勃起症の場合は、痛みを伴う硬い勃起です。
EDの治療薬を服用している人や陰茎海綿体注射を行った後に勃起が続いている場合は、静脈性だと思ってほぼ間違いないでしょう。
この場合は、緊急性があります。
すぐに泌尿器科のある病院を受診してください。

静脈性持続勃起症の場合は、6時間を経過するとペニスの組織が壊死し始めるからです。
ペニスの壊死が始まると組織が線維化してきます。
線維化は元には戻らない不可逆性で、約50%の割合でEDとなります。
静脈性か動脈性かは、医師が海綿体内の血液検査で酸素分圧を調べたり、超音波で検査をしないと確定できません。
決して、「それほど硬くないから動脈性だろう」などと、自己判断しないでください。

約6時間で壊死が始まるので、病院には遅くとも4時間以内に受診しましょう。
治療が遅れると、最悪の場合はペニスを切断しなければならないケースもあります。
非常に稀ですが、このような可能性も0ではないということを、心しておきましょう。

治療は、動脈性持続勃起症の場合は自然治癒することが大半です。
治療が必要な時も、血液が溢血している部分を圧迫したり、止血剤や高男性ホルモン剤で治まります。
しかし、静脈性持続勃起症の場合は、太い針で海面体内(海綿体内)の血液を吸引して、血管を収縮させる薬剤を海綿体内に注入します。

薬物治療が効かない場合は手術する可能性もある

多くの場合は、血管を収縮させる薬剤を海面体内(海綿体)に注射することで治療できています。
しかし、この血管収縮薬は血圧を上げる作用があるので、血圧が高い人には使えないこともあります。
また、この薬物治療が無効な場合もあります。

その場合は、ペニスにメスを入れることになります。
シャント手術と言って、陰茎海綿体の血液を亀頭に逃がす手術を行います。
このシャント手術を行って、血流を改善させます。

静脈性持続勃起症は、ED治療薬を服用している人以外にも、白血病や鎌型赤血球性貧血などで血液の粘性が高くなる病気を持っている人にも起こりやすい傾向があります。
静脈性持続性勃起症は、大人だけではなく幼い子供や新生児でも、学生でも起こることがある病気です。

小さなお子さんや小学生の場合は、「オチンチンが痛い」と訴えるか泣き出すでので保護者も気づくでしょう。
しかし、中学生や高校生の場合は、恥ずかしくて「オチンチンが痛い」とは言えずに、我慢するケースもあります。
勇気を振り絞って親に告げて、病院に着いた時には既に6時間を過ぎていたというケースもあります。
切断と言う最悪の事態にならないためには、性教育として、このような病気があるということを伝えておくことが大切です。
また、不用意にEDの薬などを自己購入して服用したりしないように、などのことも伝えておきましょう。

万が一、性欲に関係なく勃起が何時間も続く場合は、明らかに異常事態です。
恥ずかしがらずに、泌尿器科のある病院を受診してください。
どのような病気でも早期に発見して早期に治療を受けることが大切です。
持続性勃起障害も同様です。

目安は4時間以上勃起が続く場合ですが、4時間待ちなさいという意味ではありません。
痛い勃起が続いている場合は、我慢する必要はありません。
2時間や1時間で受診してもOKです。