勃起障害は男性にとって非常に深刻な悩み。男のプライドがありますから、性行為の場面で恥をかくなんて考えられませんよね。勃起障害にはあの有名なバイアグラが本当に効くのでしょうか。治療薬について見ていきましょう。

不感症に効く女性用バイアグラのラブグラを知ってる?

疑問を持つ女性

性行為に至っても気持ちいいと感じることが出来なかったり、挿入時に不快感を感じたりする女性は決して少なくはありません。
こうした症状は所謂不感症が原因となっている可能性があり、それによってセックス自体を億劫に感じたり、パートナーとの関係をぎくしゃくさせてしまう恐れがでてきます。

本来、女性の身体は性的な快感を得ると血流が促進され、膣内から体液を分泌していきます。
これが挿入時の痛みを軽減していくことになり、さらなる快感を生むことになるわけです。
ただ、不感症の人はこうした体の機能がうまく働いていません。
自分でもセックスが気持ちいいものではないと思いこんでしまう、それが何度も繰り返されることによって悪循環を招く恐れも出てきます。

こうした症状を緩和するためにおすすめになってくるのが女性用バイアグラ、ラブグラです。
バイアグラと聞けば男性が服用するものというイメージを持っている人もいるでしょうが、実は女性の場合にはそれに特化した成分を配合したバイアグラがあります。
それがラブグラの媚薬効果のようなものです。
体内の血行を促進する成分が豊富に含まれているため、自然と体を温め膣内のコンディションを整えていきます。
これが挿入時の痛みを軽減して、同時に快感へとつなげていくことができるわけです。

もちろん、女性用バイアグラには他にも媚薬的な効果が期待できます。
血流促進によってクリトリスが刺激に敏感な状態になります。
つまり、ちょっとの刺激でも快感をえることが出来るため、不感症の症状を緩和していくことができるということです。

ただ、注意していきたいのがこうした女性用バイアグラは効果が高い分、時に副作用の症状が懸念されます。
副作用の具体的な症状としては、血行が良くなりすぎるが故の吐き気、頭痛や腹痛といったものが挙げられます。
あまりに副作用が強くあらわれる場合には使用の中断も含めて医師に相談していくのがおすすめになってきます。

不感症の原因を探ろう!自分に適した治療方法を!

そもそも不感症の原因は何なのでしょうか。
よく考えられるのが体全体の冷え、血行不良といったケースです。
体の血流が滞り冷えが助長されれば、おのずとセックスの時の血流にも影響が出てきます。
普段から冷えや血行不良が慢性化しているという人であれば特に、注意が必要になってくるわけです。

また、それ以外にも興奮を全身に伝える神経に問題があるケースも考えられます。
この場合、神経がうまく機能しない事で性感度も大きく落ちてしまうことになるため、どんなに血行を良くしても状態は改善されない事があります。

この場合には自律神経の乱れを促すような不規則な食生活、短い睡眠時間を改善していきましょう。
ストレスの原因を解決するだけでも女性の身体はホルモンバランスが保たれ、より性感度が上がりやすい状態になっていきます。
もちろん、女性用バイアグラを使って直接的に問題を解決していくことも大切ですが、長期的な目で見れば、こうした生活習慣の乱れを正していくことが大切です。

身体の冷えや慢性的な血行不良に関しても、食生活を改善するなどして対処していくことが可能です。
それぞれで不感症の症状を引き起こしている原因は違ってきます。
まずはその原因を今一度見返していくことから始めていきましょう。
原因がはっきりしていれば自分でもその対処が出来ますし、女性用バイアグラを使えば、その症状が改善されるまでの期間を短縮できます。

そもそも、女性の不感症はパートナーである男性のテクニック不足が関係していることもあります。
女性の側に問題がなくても相手に問題があれば、セックスで快感をえることもできなくなります。
この場合はパートナーとの話し合いですが、必要に応じてアイテムを活用するなどその都度工夫を施していくのがいいでしょう。