勃起障害は男性にとって非常に深刻な悩み。男のプライドがありますから、性行為の場面で恥をかくなんて考えられませんよね。勃起障害にはあの有名なバイアグラが本当に効くのでしょうか。治療薬について見ていきましょう。

女性用バイアグラとしてフォルカンが不感症に効果的!

不感症に悩む女性

性的に興奮しづらい、快感がないといった女性の不感症に効果的な薬として、注目を集めているのがフォルカンです。
フォルカンは、インドの製薬会社が製造販売している内服薬であり、抗真菌薬として承認されています。
不感症の改善や、性交痛の緩和といった効果があるため、海外では女性用バイアグラとも呼ばれているお薬です。

なぜフォルカンが女性用バイアグラとも呼ばれているのか、その理由は、女性が不感症になる原因と関係しています。
女性が性交に嫌悪感や不快感を覚える原因として、膣液の分泌量が少ない、膣が狭い、といったことが挙げられるでしょう。
膣内が通常よりも狭い、あるいは潤いが少ないといった場合、ごく普通の性交であっても、痛みを生じることが多くなります。
痛みや不快感を覚えると、さらに快感が低下し、潤いも生じなくなるという悪循環に陥りがちです。
一般的に、女性はムードや雰囲気によって、性的な高まりを覚えやすくなるといわれますが、体に痛みがある状態では、良いムードであっても、喜びを感じることは少ないでしょう。

フォルカンには、膣液の分泌を促進する効果があり、性交にともなう不快感や痛みを緩和してくれます。
潤いを増やしてくれるため、体に負担をかけることなく、性行為を行えるようになるのです。
性器に痒みや炎症などの症状があると、女性は行為に集中できなくなり、快感を覚えにくくなります。
フォルカンは、痛みだけでなく痒みや炎症を抑える効果もあるため、女性がリラックスして、行為を楽しめるよう、導いてくれるのです。

フォルカンは、女性ホルモンの低下による不感症、または炎症など後天的な理由による不感症、どちらにも効果があるといえます。
また、副作用も少なく、女性が安心して服用できるという点も、この薬が女性用バイアグラとして、親しまれている理由でしょう。
安全性が高く、コストパフォーマンスの良い女性用バイアグラを探している方に、フォルカンは最適なお薬だといえます。

性病予防にもこうかのあるフォルカン

女性の不感症に効果をもたらすフォルカンですが、実は性病の予防や、カンジダの治療にも、効果をもたらします。
カンジダは、カンジダ菌という真菌によって炎症が引き起こされ、陰部にかゆみや痛みなどの症状がでる病気です。
フォルカンの主成分であるフルコナゾールは、真菌を殺菌する作用をもっており、カンジダにも強い効果をもたらすことで、知られています。

フォルカンをカンジダの治療に用いる場合、一日あたり一回の服用を、3日から1ヶ月ほど、続けることになります。
症状が軽度な場合は、数日間服用するだけで、症状が治まることもあるほど、その効き目は強いものです。
効果が高い薬ではありますが副作用のリスクは少なく、症状がでた場合でも、軽微な場合が多いでしょう。

フルコナゾールは、呼吸器真菌症や消化器真菌症など、カンジダ以外の様々な病気にも、効果的な成分として用いられています。
皮膚深部や内臓諸器官に寄生した真菌を抑制し、粘膜を正常化してくれる作用があるのです。
カンジダの治療だけでなく、性器の粘膜を正常化することから、性病の予防にも効果が期待されています。

安全性の高いお薬ですが、妊娠中の方は服用できないほか、肝臓病や心臓病等を患っている場合にも、注意が必要となります。
また、これらの症状がない場合であっても、ごく稀に食欲不振、下痢などの副作用が起こると報告されています。
これらの副作用は軽微であり、短期間で治まることが多いとされていますが、長く続く場合は、医師に相談した方が良いでしょう。

性病の予防とカンジダの治療、そして不感症の改善など、フォルカンは女性の様々な悩みに、効果をもたらしてくれます。
健康的で快適な性生活をサポートしてくれる、画期的なお薬だといえるでしょう。