勃起障害は男性にとって非常に深刻な悩み。男のプライドがありますから、性行為の場面で恥をかくなんて考えられませんよね。勃起障害にはあの有名なバイアグラが本当に効くのでしょうか。治療薬について見ていきましょう。

尖圭コンジローマはペニスに影響するので注意!

注意する医師

尖圭コンジローマは性病(性感染症)の一種で、セックス経験者があれば誰でも感染する可能性があります。
またセックスだけではなく分娩でも感染することがあります。
セックスパートナーが尖圭コンジローマの感染者であった場合に性器や皮膚が触れ合ったり擦れる際に見えない傷がつき、そこからウィルスが侵入して本人とパートナー双方が感染してしまう可能性の高い病気です。
また感染者の4人に1人が3か月以内に再発する再発率の高い性病でもあります。

尖圭コンジローマは良性(ローリスク型)のヒトパピローマウイルス(HPV)6型・11型による感染症で、感染後3週間から8か月(平均2.8か月)で発症します。
女性の場合は外陰部や会陰・肛門周囲等に先の尖った無痛症状のイボができます。
外陰部に痒みが出ることもありますが、無症状なため気づきにくいとされています。
また、イボはどんどん増えてかたまりになり鶏のとさかやカリフラワーのような形状になります。

男性の場合は女性と同じ症状がペニス等に出ます。
ペニスの亀頭や冠状溝、包皮の内外と陰嚢等にイボができ肛門内や尿道口にできることもあります。
男性の場合できたイボが女性より視覚的に捉えやすいと言えます。
もし感染していることがわかったら早めにパートナーに伝える方が良いでしょう。

尖圭コンジローマの治療法としては塗り薬を塗布する方法と外科的手術による方法があります。
塗り薬はウィルスの増殖を抑えウィルスに感染した細胞を消す作用があり、使用期間や時間・回数や方法といった注意事項を守ってイボに直接塗布します。
平均8週間程度、最長16週間まで塗布する必要があり途中で勝手に止めてはいけません。
副作用が現れた場合は医師に相談しましょう。

次に外科的手術による方法です。
小さなイボには液体窒素凍結手術を行います。
-196℃の液体窒素でイボを凍らせ除去するので周辺皮膚が凍傷のような状態になり手術後に痛みが残ることがあります。
また少し大きいイボに対しては麻酔をして電気メスでイボを焼く、電気焼灼法を実施しますが再発防止目的で深く広範囲に焼き取るため皮膚へのダメージは大きいと言えます。
カリフラワー形状に広がったイボ等広範囲のものには、麻酔した上で炭酸ガスレーザーを用いて除去する炭酸ガスレーザー光線蒸散術を行います。
比較的傷が浅く済みますがレーザー照射することでイボが拡散してしまう可能性があります。
症状にあった治療法が選択できるように医師と相談することをお勧めします。

悪性の腫瘍だと陰茎がんになることもある

一般に尖圭コンジローマの原因となるウイルスのほとんどは、ヒトパピローマウイルス6型・11型です。
これらは良性型のウィルス(ローリスク型)とされており、発がん性はかなり低いと言われています。
しかし、長時間を経て尖圭コンジローマががん化したという症例ががごく少数例ですが報告されているので全くがん化しないとは言い切れません。
また、ヒトパピローマウイルスの中には様々な型があり特に16型や18型などは発がんとの関連を指摘されている悪性ウイルス(ハイリスク型)と言われているものです。

発症している尖圭コンジローマ自体は良性(ローリスク型)のウィルスによるものでも同時に悪性(ハイリスク型)のウイルスに感染している可能性もあります。
さらにイボは接触によって出血しやすく潰瘍や壊死を起こし悪臭の原因になるので、増殖するイボには要注意です。
陰茎がんの原因の一部はこうした悪性のヒトパピローマウイルス感染や陰茎周囲の不衛生、包茎とされており、イボによる潰瘍や壊死は患部をより不衛生な状態にします。
症状が長期間継続したりイボがどんどん増殖していくような場合には定期的な観察が必要となります。

陰茎に尖ったイボのようなものやカリフラワー状の突起ができたとして、それを良性ウイルス(ローリスク型)による尖圭コンジローマによって生じた症状であると決めつけてしまうのは早計であると言えます。
その症状が悪性ウイルス(ハイリスク型)による陰茎がんの前がん症状である可能性もあるのです。
良性なのか悪性なのか肉眼ではウイルスの見分けはつきません。
その症状が良性ウイルスによるものなのか、悪性ウイルスによるものなのか、治療に入る前に、必ず検査してもらうことが必要不可欠です。