勃起障害は男性にとって非常に深刻な悩み。男のプライドがありますから、性行為の場面で恥をかくなんて考えられませんよね。勃起障害にはあの有名なバイアグラが本当に効くのでしょうか。治療薬について見ていきましょう。

漢方薬の力で勃起を促す!これぞ東洋医学の力!

漢方薬

東洋医学では身体の状態を見て、その人の症状に合わせて生薬を配合した漢方薬を処方するというもので、それらを服用することによって身体の自然治癒力を高めることで病気や身体に起こっている問題を解決しようというものです。
このため東洋医学では昔から重大な病気だけでなく日頃の健康を保つための方法も伝わっており、そのひとつが勃起を促すというものです。
現代ではバイアグラなどの劇的な効果が得られるED治療薬が幅を利かせていますが、昔ながらの漢方薬もさまざまな場所で使われています。
特に勃起を促す栄養ドリンクや滋養強壮剤などには漢方薬の生薬が豊富に含まれていますし、また勃起サプリなどの主成分も漢方薬の生薬が中心です。
厳密にはこれらは漢方薬ではありませんが、長年培われてきた東洋医学の知識が使われています。

一方で勃起を促すことが出来る漢方薬も存在し牛車腎気丸、柴胡加竜骨牡蛎湯、補中益気湯、桂皮加竜骨牡蠣湯などが知られます。
各々の効果は以下の通りです。

牛車腎気丸
力を付け水分の循環を良くするということで、特に足腰や泌尿生殖器の衰えに最適とされます。
柴胡加竜骨牡蛎湯
神経の高ぶりを鎮め、心身の状態を良くするというものです。
高血圧や動脈硬化にともなう諸症状の緩和、神経症や不眠、精神面が関わる動悸のほか性的機能の低下にも用いられます。
補中益気湯
胃腸の働きを良くするというもので、体力の回復をさせて元気を取り戻すのを助けてくれます。
桂皮加竜骨牡蠣湯
神経の高ぶりを鎮め、気力を付けることで心の状態を改善します。
神経症や不眠症、夜尿症、精神面から来る動悸や性的機能低下などにも用いられます。

柴胡加竜骨牡蛎湯と桂皮加竜骨牡蠣湯は神経に作用しリラックスさせることで性的機能を改善するというもので、牛車腎気丸、補中益気湯は身体の調子を内側から改善することによって体力を充実させる滋養強壮の効果が期待できます。
また高麗人参は古くから万能薬として処方されてきましたが、滋養強壮の効果から性機能の回復も期待できます。
このため勃起を促すサプリなどにも高麗人参は使われています。

副作用に動悸が激しくなる漢方薬があるので注意

調剤漢方薬局で購入する漢方薬は身体の状態に合わせて処方されることや、基本的には生薬の力によって身体の治癒力を高めることで病気や問題の回復を目指すという性質のものです。
このため漢方薬は昔から副作用が出にくいと言われていますが、現実としては副作用は出ます。

副作用が出る理由としては証に合わない薬が考えられます。
証とは漢方薬を処方するさいにその人の状態を見るもので、病院で最初に行われる診断のことですが、この証に合わない薬、つまり見立てを間違えると望まない作用が強くでる場合があります。
また証に問題がなくても、人によっては生薬そのもののアレルギー反応や生薬の作用によって望まない作用が出ることもあります。
ただアレルギー反応など身体が拒否する症状を除けば、漢方薬や作用している証拠であり、場合によっては副作用が強く出た後に症状が改善するといったケースもあるため経過観察が重要です。
もちろん強く副作用が出た場合には処方を中止するのが無難です。

またアレルギー反応以外の副作用は、生薬の作用が強く出ることで発生します。
例えば動悸が激しくなる生薬としては、麻黄、附子、人参、薏苡仁などが知られます。
勃起改善に効果がある牛車腎気丸では附子、柴胡加竜骨牡蛎湯と補中益気湯では人参が含まれており動悸が激しくなる副作用が出る可能性があります。
市販されている漢方薬ではすでに調合されているので細かく調整することはできませんが、調剤漢方薬局では身体の状態に合わせて副作用が出そうな生薬を減らすことで副作用が出るのを抑えるといったことができます。
またこれらの副作用は漢方薬の他にも滋養強壮剤などでも起こる可能性があるため、含まれている生薬の作用や副作用には留意する必要があります。

こちらの記事を読まれた方はこちらの記事も見ています