勃起障害は男性にとって非常に深刻な悩み。男のプライドがありますから、性行為の場面で恥をかくなんて考えられませんよね。勃起障害にはあの有名なバイアグラが本当に効くのでしょうか。治療薬について見ていきましょう。

糖尿病患者でもバイアグラを服用できる

インスリンを打つ糖尿病患者

糖尿病は日本でも注目度の高い生活習慣病の1つですが、実は体の中で様々な症状を引き起こすとされています。
糖尿病自体は、血中の糖質の濃度が濃すぎることで起こる病気ですが、これによって動脈硬化や神経障害、さらには男性器の勃起を促すとされる海綿体の機能を低下させることがあります。
糖尿病自体がEDの症状を引き起こしてしまうこともあるため、注意が必要になってきます。
実際、糖尿病患者の約8割がEDを併発しているというデータもあるほど、糖尿病によっておこる症状はEDに関係していきます。

先に挙げたように、動脈硬化は男性器に流れる血流を少なくしたり、血管自体の拡張を防いでしまうため、結果的に勃起を持続させる力がなくなってしまいます。
男性が性的に興奮したときに脳内では興奮物質が分泌されます。
ただ、糖尿病による神経障害があれば、この伝達物質が男性器まで伝わることがなく、つまりは勃起自体が起こりにくくなっていきます。
それだけ糖尿病はEDの症状を悪化させる要因となるわけです。

では、こうしたEDの症状を解消するにはどうすればいいのか、ここで挙げられるのがバイアグラです。
バイアグラは持病があれば服用できないと思われている人もいるでしょうが、糖尿病の場合は何の支障もなく服用することが出来ます。
寧ろ、糖尿病によって引き起こされているEDの諸症状はバイアグラ服用によって改善出来ることもあります。

もちろん、糖尿病以外でEDの症状を訴えている人に比べると、その効き目は幾分落ちてしまいますがそれでも何もしないよりはましというものです。
糖尿病によって引き起こされていた動脈硬化、神経障害等々の状態も、バイアグラの血行促進効果、勃起力強化の作用によって改善されていきます。
バイアグラには滞っていた血流を促進させ、同時に血管を拡張させる効果があるため、それだけ男性器にも変化がみられるようになります。
その分心臓に負担がかかることになるため、元々心臓病を抱えている人や高血圧の人は注意が必要になってきます。

船越英一郎も糖尿病でバイアグラを服用していた

糖尿病患者としても知られている俳優の船越英一郎も、過去にバイアグラを服用していたという情報があります。
バイアグラを服用することに抵抗を感じている人も中にはいるかもしれませんが、実際のところはセックスのためだけでなく、糖尿病の不快な症状を改善するという意味でも役立っていくことが出来ます。
それこそ、血行を促進することが出来るため、滋養強壮にも効果が期待できますし、糖尿病によって諦めていたED症状を徐々に改善していくことも可能です。

ただ、バイアグラは先にも挙げたように、心臓に持病がある人や高血圧の人の場合、普段から飲んでいる薬との飲み合わせで重大な合併症を引き起こす恐れもあるため注意が必要です。
バイアグラと高血圧の薬は飲み合わせが非常に悪く、極端に血圧を下げる恐れがあるため、時に意識障害や最悪、命にかかわる合併症を引き起こします。
こうした事態を防ぐために、バイアグラを服用する際には持病薬との飲み合わせ、体にかかる負担についてしっかりと把握していくことが大切になってきます。
バイアグラ自体は体へのダメージはさほどありませんが、飲み合わせ次第でそのダメージが大きくなってしまうこともある、この点はしっかりと押さえておきましょう。

高血圧の人がすべてバイアグラの服用が出来ないというわけではありませんが、ある程度血圧が安定していることや医師の診察があって初めて服用が許されるというのが現実です。
心臓や血圧に何かしらの問題があるという人はもちろんですが、糖尿病の人の場合でもバイアグラを服用する際にはかかりつけの医師にその旨を相談していくことが大切です。
バイアグラの服用期間やその種類に関しては素人判断ではなく、医師の判断を頼るのがベストです。